理学療法士や作業療法士がスポーツトレーナーに転職する方法は?

スポーツトレーナーってどうやって転職活動を進めるの?どうやったら転職成功できるの?

この記事では

・転職サイトの選び方

・転職サイトを使うメリット・デメリット

などを解説していきます。

  • これからスポーツトレーナーを目指す!
  • スポーツ選手と関わりたい!

という方はこちらのサイトを参考にしてください。

少しでも転職活動のお役に立てれば幸いです。

スポーツトレーナーが利用できる転職サイトをご紹介します

転職サイトの選び方ですが、

この中からいくつか登録してみて、お自分にあった転職サイトを判断してみてください。

特にスポーツトレーナーやセラピストの求人は短期間の掲載という場合も少なくありませんので、複数の転職サイトを利用することをお勧めします。

転職サイトは2〜3社の登録をしてみることで

  • より多くの求人を比較する
  • 使いやすいサイトを探す

まずは王道はスポーツ現場と連携をとっているリハビリ施設での求人サイトである

PTOTSTの転職なら【リハのお仕事】

PTOTキャリアナビ

そして、同じく王道のポータルサイトである

PT-OT-ST.net

もう一つがトレーナーだけでなく、理学療法士や作業療法士などのセラピストや医療現場での運動指導を目的とした求人も扱っているサイトです。

ATACK NET

転職サイトを使うメリット・デメリット

【転職サイトを使うメリットについて】

誰でも気軽に転職活動が始められるという点です。

つまり、現在の職場や周りの同業者の人に知られることなく、転職活動をすることができます。

また、雇用先が明確に記されているので、

こちらからコンタクトする前に、入念に調べることができます。

複数から内定をもらった際に紹介やコネとは違って断りやすいでしょう。

紹介やコネの場合は内定を辞退する場合に、

どうしても「知り合いの顔を汚してしまうのではないか・・・」と考えてしまうことも多々あると思いますが、転職サイトを利用することでその心配はなくなります。

【転職サイトを使うデメリットについて】

これは求人サイトや転職サイトに載っていない求人情報が手に入らないことです。

特にスポーツ現場での人材の確保というのは、クチコミや紹介で完結することも少なくありません。

便宜上、転職サイトや求人サイトに記載はあるけど、

すでに採用済みとか、極めて短い掲載期間という場合もあります。

ですが、特に経験の浅い方やこれまでスポーツ現場との関わりがなかったという人にとっては
コネや紹介での転職活動が難しいという人も多くいらっしゃるでしょう。

となると、やはり今回紹介したような転職サイトやポータルサイトを利用することが第一選択になると思います。

今回紹介したサイトをまず登録してみて、どんな求人があるのか、気軽に見ることから始めるのも良いでしょう。

  • これからスポーツ現場で働きたいと考えている方
  • スポーツ選手と関わりたいと考えている方

ぜひ今回紹介した3つのサイトを参考にしてください。

PTOTSTの転職なら【リハのお仕事】

PTOTキャリアナビ

PT-OT-ST.net

ATACK NET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です