パーソナルトレーニングで姿勢改善/ ストレッチとエクササイズの効果

パーソナルトレーニングでできることの一つとして、姿勢改善があります。

姿勢が悪くて見た目が気になる方、姿勢が悪くて肩こり、腰痛、首痛に悩まされている方など、
姿勢不良はいろんな影響を身体に及ぼします。

こちらの記事では、パーソナルトレーニングで姿勢を改善する方法を紹介します。

パーソナルトレーニングは姿勢改善に効果がある

パーソナルトレーニングでできることは様々です。
「パーソナルトレーニング」という名の通り、あなたに合わせた「パーソナルな」トレーニングを行うので、
自分の希望に合わせたトレーニングを行うことができます。

パーソナルトレーニングによって姿勢改善をすることは可能です。

「姿勢が悪い」と感じると、背筋を伸ばすようにして、意識して姿勢を正そうとすると思います。

ですが、考えとしては「誤り」です。

「意識しているのに、なかなかいい姿勢を保っていられない」
「仕事や家事に集中していると、すぐに姿勢が戻ってしまう」

このような声をよく聞きますが、姿勢を良くするというのはそうではありません。

姿勢は正しい姿勢を意識して保つのではなく、無意識で良い姿勢を保てることがゴールです。

加えて、良い姿勢を保ち続ける、というのも違うと考えます。

例えば、このような姿勢は一般的には良い姿勢と言われます。

ですが、この姿勢は「まっすぐ止まって立っている姿勢」としては正しいのです。

そもそも、人間は常に動いています。呼吸でさえ、横隔膜という筋肉が動いています。

動いている以上、正しい姿勢というのも変わってくるわけです。

前に歩いているとき、人間の重心は前よりになるので背筋は、やや前屈みです。

視線もまっすぐ正面ではなく7度程下を向いていますので、顎も少し引いた形になるでしょう。

つまり、歩いている時も背筋は地面に対してまっすぐではないのです。

そのように考えると、止まった状態での正しい姿勢を維持し続けるより、
無意識でも動作に応じた正しい姿勢になるように「体の使い方」を適正にすることが姿勢改善のゴールです。

そうすることで、結果として、見た目の姿勢も良くなるのです。

その、体の使い方の改善に効果的なのがパーソナルトレーニングです。

悪い姿勢とは?猫背、反り腰、O脚、巻き肩について

まず、悪い姿勢とはどのような状態なのかを解説していきます。

「姿勢が悪い」と自覚している人は多いと思いますが、
「具体的に体のどこがどのように良くないのか」と聞かれると難しいと思います。

主な悪い姿勢としては、次のような姿勢があります。

  • 猫背
  • 反り腰
  • O脚
  • X脚
  • 巻き肩
  • スマホ首(ストレートネック)

悪い姿勢と言われるものには、特に定義が決まっていないものもあります。

ただ、日常生活の中で「猫背だから肩が凝りやすい」「反り腰と言われた」という風に、
なんとなくの認識はあると思います。

例えば、反り腰は腰が反った状態ですが、どこまで反っているのはセーフみたいな基準は明確ではありません。

ただ、これらの悪い姿勢の例には共通していることがあります。

それは「筋肉のバランス」が崩れているということ。

簡単に言えば、筋力低下と柔軟性の低下が姿勢の悪さと関係していますので、

弱い筋肉を鍛えて、硬い筋肉を柔らかくしてストレッチすることで姿勢はよくなると言えます。

姿勢改善することのメリット

姿勢が改善することで変わることは多くあります。

姿勢が良くなることで得られる効果の例は、

  • スタイルアップ
  • ボディラインが整う
  • 肩こり、首こり、腰痛などの痛みの緩和
  • 外反母趾や関節の変形の予防
  • 自律神経が整う
  • 睡眠の質の向上
  • 疲れにくくなる
  • 内臓の動きが良くなる
  • スポーツのパフォーマンスアップなど

このように姿勢を改善することで得られるメリットは多岐に渡りますが、

反対に言えば、姿勢が悪いことで起こる影響とも言えます。

例えば、猫背なために、

内臓が圧迫されて便秘になったり、肩こりになったり、呼吸が浅くなったり、背中に張りを感じやすかったり、

非常に多くの影響が身体中に起こります。

また、姿勢が悪いせいで、働きすぎる筋肉と、働かない筋肉が出てきます。

その結果、脚が疲れやすかったり、怪我をしやすかったり、スポーツのパフォーマンスが低下したりします。

これらの原因を突き止めて改善していくのが、姿勢改善のメリットです。

パーソナルトレーニングで姿勢改善するためには

パーソナルトレーニングで姿勢改善を目指すためには、

  1. 姿勢を評価
  2. 動きや柔軟性の評価
  3. 硬い筋肉へのストレッチや筋膜リリース
  4. 弱い筋肉のトレーニング

このような流れになるでしょう。

体の評価をすることで、姿勢が悪くなる原因を明確にして、

ストレッチや筋膜リリース、そしてエクササイズを通じて改善していきます。

つまり、「姿勢改善」できるトレーニングプログラムがあるのではなく、
「自分に合った」プログラムによって姿勢改善ができるのです。

YouTubeやインスタなどで見かけるように、大体の人がそこそこの姿勢改善につながるようなトレーニングやストレッチはあります。

しかし、パーソナルトレーニングでは大体ではなく、自分だけのオーダーメイドのプログラムになるので、

時間や効果を考えると姿勢改善のためにはパーソナルトレーニングが有効です。

姿勢改善することのメリットをまとめる

姿勢が改善されることで、すらっとした見た目になったり、体の動きが滑らかになります。

それ以外にも、いろんな効果が期待できます。

  • 体の痛みの緩和
  • スポーツパフォーマンスの向上
  • ボディラインが整う
  • 疲れにくくなる
  • 代謝があがる

姿勢が悪くなっているのは筋肉のバランスが崩れているサインです。

すると、負荷がかかっている部位があり、痛みがでたり、不調につながったりします。

つまり、姿勢が悪いことで、動きだけでなく、それ以外の体の不調が起こるのです。

姿勢が良くなることで、様々な悪影響の改善が期待されます。

姿勢改善は体づくりの土台とも言えるので、
健康増進、スポーツパフォーマンス、ボディメイク、ダイエットなど
体を変えたいと思ったら、まずは姿勢改善のパーソナルトレーニングをおすすめします。

おすすめの記事

パーソナルトレーニングで腰痛改善/ 施術とトレーニング 骨盤底筋鍛えるべき理由と骨盤底筋を鍛える方法 骨盤底筋鍛えるべき理由と骨盤底筋を鍛える方法

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。